寛永通宝 母銭

寛永通寶 不旧手藤沢銭 母銭寛永通寶 小菅母銭 厚肉寛永通寶 膳所額輪 母銭寛永通宝 十万坪銭 無印 母銭寛永通寶 不旧手 小目寶 母銭 -2寛永通宝 新寛永銭 背長 母銭寛永通寶 不旧手 小目寶 母銭 -1寛永通宝【石巻小字背肥千】母銭寛永通宝 小菅 母銭 薄肉寛永通寶 高津 細字背元 母銭 その1寛永通寶 水戸 広穿背ト 母銭 その1寛永通宝 十万坪銭 無印 母銭 その2寛永通寶 高津 細字背元 母銭 その2寛永通寶 京都荻原銭 草点永 母銭新寛永通宝【母銭】広穿背ト 水戸 弘化元年(1844年)未使用【代引 送料無料】寛永通宝 新寛永銭 日光正字 母銭 元文2年(1737)極美品寛永通寶 藤沢 吉田島銭 縮字 母銭寛永通宝 仙台銭 大永 母銭寛永通寶 旧猿江銭 広穿 母銭寛永通寶 水戸 広穿背ト 母銭 未使用
 

商品の説明

  •  直径:24.1mm 量目:3.1g  元文2年(1737)に相模国足柄上郡藤沢村で鋳造開始されたと言われていますが、異説もあります。郭に対して「通」の字が上に偏っているのが特徴です。 不旧手とは、享保期京都七条銭とされている類の文字が長崎屋不旧の作とされていることより、それと同書風のマ頭通の特徴を持つものを総称して不旧手と称しています。
  •  

    商品の説明

  •  直径:25.0mm 量目:3.4g  安政6年(1859年)より武蔵国足立郡小菅村にて鋳造が開始され、子銭(流通貨)は鉄銭(てつせん)です。本貨は銅母(銅製の母銭)です。小菅銭は面文の特徴が同じ事から亀戸小様の原母を元に母銭を製造したものと考えられています。 母銭の中では、一番現存数が多いと思われます、価格も母銭としては廉価であり、また美製な品が多く最もポピュラーな母銭です。本貨は厚肉ですが薄肉も存在します。また、小菅銭は古寛永の特徴であるス宝であるにも拘わらず新寛永銭である例外銭です。また、厚肉は未使用の母銭が多いのも特徴です。
  •  

    商品の説明

  • 直径:23.8mm 量目:3.6g 近江膳所鋳造と言われてきましたが、資料などによる確実な裏付けはなく、不知銭または、未勘銭と呼ばれる鋳造地未確定銭です。銭文は細かく、寛の字の目が小さいのが特徴です。背の輪幅がやや広いです。膳所はぜぜ、 読みますが滋賀県大津市の地名です。また、額輪とは縁が高く額縁のようになっているものです。
  •  

    商品の説明

  • 直径:23.3mm 量目:2.5g 元文期に江戸・深川の十万坪銭座にて鋳造された鋳込み輪十銭の無印です。本貨のように黄銅色のものが多いようです。  
  •  

    商品の説明

  • 小目寶は、「しょうもくほう」と読まれます。不旧手とは、享保期京都七条銭とされている類の文字が長崎屋不旧の作とされていることより、それと同書風のマ頭通の特徴を持つものを総称して不旧手と称しています。 小目寶は、寶の目が建てに短いことより名付けられたものです。
  •  

    商品の説明

  •  直径:23.6mm 量目:2.8g 寛永通寶背長は、明和4年(1767)から安永2年までの7年間、肥前国長崎浦上渕掛り稲佐郷で鋳造されました。肌が粗く文字の明瞭なものが少ない銭貨です。本銭はその母銭です。背長銭は基本的にはこの一手のみです。
  •  

    商品の説明

  • 小目寶は、「しょうもくほう」と読まれます不旧手とは、享保期京都七条銭とされている類の文字が長崎屋不旧の作とされていることより、それと同書風のマ頭通の特徴を持つものを総称して不旧手と称しています。 小目寶は、寶の目が建てに短いことより名付けられたものです。
  •  

    商品の説明

  • ■商品説明■ 寛永通宝は、古寛永銭と新寛永銭とに分類されています。 長期にわたり鋳造されていたため、その種類は数百種類に及びます。 品位:鉄※ペーパーコインホルダーに納めてお届けします。 ★その他の穴銭・地方貨はコチラでチェック★ 
  •  

    商品の説明

  •  安政6年(1859年)より武蔵国足立郡小菅村にて鋳造が開始され、子銭(流通貨)は鉄銭(てつせん)です。本貨は銅母(銅製の母銭)です。小菅銭は面文の特徴が同じ事から亀戸小様の原母を元に母銭を製造したものと考えられています。 母銭の中では、一番現存数が多いと思われます、価格も母銭としては廉価であり、また美製な品が多く最もポピュラーな母銭です。本貨は厚肉ですが薄肉も存在します。また、小菅銭は古寛永の特徴であるス宝であるにも拘わらず新寛永銭である例外銭です。
  •  

    商品の説明

  • 直径:23mm 量目:3.0g高津銭(たかつせん)は、背(はい)に鋳造地を表わす文字ではなく「元」の字が書かれています。 これは元文5年(1740)に当地での鋳造が認可された為に「元文」の「元」の字を採ったものです。実際には翌年の寛保元年(1740-1741)より鋳造が開始されております。高津銭は発行数が多く種類も20種類ほどに分類されております。鋳造地は大阪高津新地です。 当銭は、他の背元銭に比べ文字が細く、文字の太さが均一です。また寶の文字の冠横引きが俯しているのも特徴です。
  •  

    商品の説明

  • 広穿は「こうせん」と読み、内径が大きいとを示しています。 直径:24.5mm 量目:3.3g元治元年(1864)江戸本所の水戸藩下屋敷で鋳造、背に 水戸を示すトの文字があります。この母銭は比較的現存数が多い故、通用銭の量産を計画したものの何らかの理由で流通銭が未発行となった考えられています。
  •  

    商品の説明

  • 直径:23.3mm 量目:3.3g 元文期に江戸・深川の十万坪銭座にて鋳造された鋳込み輪十銭の無印です。本貨のように黄銅色のものが多いようです。  
  •  

    商品の説明

  • 寸法:23.3 x 23.3mm 量目:3.4g 高津銭(たかつせん)は、背(はい)に鋳造地を表わす文字ではなく「元」の字が書かれています。 これは元文5年(1740)に当地での鋳造が認可された為に「元文」の「元」の字を採ったものです。実際には翌年の寛保元年(1740-1741)より鋳造が開始されております。高津銭は発行数が多く種類も20種類ほどに分類されております。鋳造地は大阪高津新地です。 当銭は、他の背元銭に比べ文字が細く、文字の太さが均一です。また寶の文字の冠横引きが俯しているのも特徴です。
  •  

    商品の説明

  • 直径:24.1mm 量目:3.1g 元禄期の京都七条での鋳銭に対応するといわれているのが京都荻原銭ですが、確証はありません。ただ、遺跡での出土状況より元禄期の可能性は大きいようです。荻原銭の由来は勘定奉行・荻原重秀の建議によって鋳造されたとの伝承によります。本銭は「永」の文字の第一画が草点(草書体で書かれた点)であることからの名称です。
  •  

    商品の説明

  • ■商品説明■ 寛永通宝は、古寛永銭と新寛永銭とに分類されています。 長期にわたり鋳造されていたため、その種類は数百種類に及びます。 品位:銅※ペーパーコインホルダーに納めてお届けします。 ★その他の穴銭・地方貨はコチラでチェック★ 
  •  

    商品の説明

  • ■商品説明■ 【日光御用銭】 品位:銅 鋳造期間:元文2年(1737) ★その他の穴銭・地方貨はコチラでチェック★ 
  •  

    商品の説明

  • 直径:23.8mm 量目:2.7g 元文4年(1739)より相模国足柄上郡藤沢村と吉田島村で鋳造が開始されたとされています。元文期の十万坪銭の書風に似ていますが、特異な特徴があります。 例えばこの縮字では郭の大きさに対し、文字が極端に小さくまた、寶の字の冠横引きが伏している等々の特徴があります。
  •  

    商品の説明

  • 直径:25.7mm 量目:3.9g 陸奥国仙台にて寛永14年より鋳造されたとされるのが古寛永・仙台銭です。永の字が他の3文字に比し、広大であることより大永と分類されています。
  •  

    商品の説明

  • 直径:24.2mm 量目:2.8g鋳造地は不明です、元禄期の鋳造と推定されています。従来は元文期に江戸深川猿江での鋳造とされていましたが、元文期に猿江に銭座がなかったことが明らかにされており、遺跡での出土状況より元禄期鋳造が極めて高いと考えられています。銭面は文銭に似ていますが、小字で直径も小振りです。
  •  

    商品の説明

  • 広穿は「こうせん」と読み、内径が大きいとを示しています。 直径:24.5mm 量目:3.5g元治元年(1864)江戸本所の水戸藩下屋敷で鋳造、背に 水戸を示すトの文字があります。この母銭は比較的現存数が多い故、通用銭の量産を計画したものの何らかの理由で流通銭が未発行となった考えられています。
  • 上に戻る